プロトタイピングを止めるな!

ふと思いついたひらめきやアイデアを、素早くカタチにしていきます

#0120 せんべい生地を焼いて、トンテキやポテサラをトッピングしてみた。

スポンサーリンク

f:id:justyle:20180922204016j:plain

前回の記事に続いて、今回もせんべいの生地を使ってプロトタイピングしてみました。 

1000ideasprototyping.hatenablog.com

せんべい屋さんの以下のアドバイスに従って、今回は最初に50秒くらい電子レンジでチンしました。それが冒頭の写真です。ただの生地よりちょっと膨らんでいます。右側のせんべいは縁がちょっと内側にめくれるような感じに変形しています。 

煎餅の生地を焼く前にレンジで少し温めてから焼くとまた違う食感になり、醤油も塗りやすくなりますよ!

f:id:justyle:20180922204014j:plain

その後は前回同様に、電子レンジのトースター機能を使って焼きました。今回はトースターの設定を「強」にしたのですが、時間が6分から8分になっただけでした。上の写真が8分後の様子です。

f:id:justyle:20180922204011j:plain

さらに8分焼いて16分後の様子。

今回は、夕食に出たトンテキとポテトサラダをトッピング。

f:id:justyle:20180922204007j:plain

おやつとしてではなく食事としてのせんべいの可能性を探る実験。

さっそく食べてみます。

f:id:justyle:20180922204004j:plain

これなら、トンテキ丼が手軽に食べられますね。

f:id:justyle:20180923000315j:plain

キャベツをうまく押さえながらガブリ。

おやつと食事の間のような新食感。キャベツとお肉を、バリバリ音を立てて食べるなんて生まれて初めて。

でも意外とこれはいけます。見た目を整えれば、立食パーティーに出せそう。お酒のおつまみとしてもいい感じです。

f:id:justyle:20180923000310j:plain

続いてはポテサラせんべい。

こちらの生地はちょうどお皿のように変形していたので、盛り付けにぴったり。ポテサラよりも水分のある料理に合いそう(カレーとか)。

f:id:justyle:20180923000307j:plain

こちらも同じく新食感ですし、個人的にはありだと思います。

500円玉サイズくらいのせんべいにトッピングしたら 、前菜料理にもぴったり。

f:id:justyle:20180923000304j:plain

夕食にご飯の代わりに、同じ米でできたせんべいを食べるせんべい食。

試しにいかがですか?

 関連記事

1000ideasprototyping.hatenablog.com