プロトタイピングを日常にするブログ

ふと思いついたひらめきやアイデアを、素早くカタチにしていきます

#0088 ScanSnapで年賀状を1枚ずつPDF化して、Evernoteに保存完了までを一気にやる方法。

スポンサーリンク

毎年頂いた年賀状は全部ScanSnapでスキャンして、Evernoteに保存しています。

 

年賀状も枚数が多くなってくると、1枚ずつEvernoteに入れる作業も大変面倒です。妻の年賀状もとなるとなおさらです。そこで、もっと効率の良い方法がないかと調べてみたら、意外と簡単にできることがわかりました。

 

まずはScanSnapとEvernoteを連携させておきます。まだの場合は設定画面の「アプリ選択」タブで、「追加と削除...」からEvernoteアプリを追加しておきましょう。

 

f:id:justyle:20160131185706p:plain

Evernoteアプリを連携できるようになったら、「アプリ選択」タブの「アプリケーションの選択」で、「ドキュメントをEvernoteに保存」を選びます。

 

f:id:justyle:20160131185659j:plain

スキャンしたデータのパソコン内への保存先は設定画面の「保存先」タブにある「イメージの保存先:」で指定します。

ついでに、スキャンしたデータのファイル名も分かりやすく変更しておきましょう。同じ画面の「ファイル名の設定...」ボタンを押します。

f:id:justyle:20160131185707p:plain

例えば、「年賀状2016_01.pdf」、「年賀状2016_02.pdf」のようにしたい場合は、上記のように設定します。

 

f:id:justyle:20160131185708p:plain

次に、「読み取りモード」タブでスキャン画質などの設定をします。以下が推奨設定です。

  • 画質の選択:自動解像度
  • カラーモードの選択:カラー
  • 読み取り面の選択:両面読み取り
  • 向きの選択:自動判別

「白紙ページを自動的に削除します」と「継続読み取りを有効にします」のチェックもオンにしておきましょう。

 

f:id:justyle:20160131185709p:plain

次に、「ファイル形式」タブでファイル形式を選びます。私は年賀状1枚を1つのPDFにして、可能な限り書かれた文字を検索できるように設定しています。

1枚の年賀状を1つのPDFにするには、「オプション...」ボタンを押して、以下のように設定することをお忘れなく。

f:id:justyle:20160131185710p:plain

このように設定することで、両面スキャンした2ページ分を1つのPDFファイルにしてくれます。

 

f:id:justyle:20160131185711p:plain

次に、「原稿」タブで、原稿サイズなどを設定しますが、サイズは自動検出で、ページの重なりも検出できる設定にしましょう。万が一、2枚同時に送られてスキャンされた場合でも、ScanSnapが知らせてくれます。

 

f:id:justyle:20160131185712p:plain

最後に「ファイルサイズ」タブですが、デフォルトの「3」で問題ないでしょう。

 

ここまで設定できたら、あとは年賀状をScanSnapにセットして、本体のスキャンボタンを押すだけです。

f:id:justyle:20160131185703j:plain

f:id:justyle:20160131185700j:plain

枚数が多いと一度に全部をセットできないと思いますが、小分けにして、スキャンします。1回で20枚くらいは連続スキャンできると思います。

 

この時、「継続読み取り」が有効になっているので、パソコンの画面に触れることなく、次々と年賀状をセットして、ScanSnapのスキャンボタンを押すだけでOKです。

 

すべての年賀状をスキャンしたら、「読み取り終了」ボタンを押します。

 

f:id:justyle:20160131185914j:plain

次の画面で「保存」ボタンを押せば、パソコンの指定フォルダとEvernoteのinboxの中に次々とPDFファイルが保存されていきます。

 

f:id:justyle:20160131185705p:plain

上記はパソコンの指定フォルダの様子。

 

f:id:justyle:20160131185658j:plain

Evernoteの画面ですが、1つのノートに対して、1つのPDFが保存されます。

 

f:id:justyle:20160131185702j:plain

最後に、保存されたノートを全選択して、「年賀状」「2016」のようなタグをつけておくと後で検索も楽にできます。(ファイル名のつけ方を毎年あわせておけば、タグも不要かと思います)

 

f:id:justyle:20160131185913j:plain

スキャンが終わった年賀状は、写真のように束ねて1年間保管しています。

 

我が家では、ScanSnap iX500を使用しています。ScanSnap iX100は両面印刷できないのでご注意ください。